×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

mp3への変換方法

mp3ファイルに変換する方法ですが、ここでは最も一般的な音楽CDからの変換方法について説明します。音楽CDが読めるCD-ROMドライブ付きのパソコンとmp3に変換するソフトウェアさえあれば、簡単に音楽CDからmp3ファイルへの変換できます。大まかな手順は以下の通りです。
1.mp3変換が可能なソフトを立ち上げる
2.音楽CDをCD-ROMドライブに入れる
3.ソフトでmp3への変換を設定してパソコンに取り込む
音楽CDからmp3ファイルに変換するフリーソフトはいくつかありますが、Windowsをお使いであればバージョン10以降のWindows Media Playerが代表的です。バージョン10からmp3への変換機能が追加されています。Version10以前のWindows Media Playerの場合は「Microsoft Windows Media ホーム」からダウンロードしてインストールしましょう。(このサイトの一番下にリンクを設置しています)

mp3に変換してみる

早速mp3に変換してみましょう。バージョン10以降のWindows Media Playerを立ち上げます。
音楽CDをお手持ちのパソコンのCD-ROMドライブに入れます。入れると曲の再生情報の一覧で表示されます。取り込みたい曲のチェックボックスをチェックします。
変換形式をmp3に設定には、クラシックメニューが表示されている場合、"ツール→オプション→音楽の取り込み"の画面にある取り込みの設定の形式から"MP3"を選択し"OK"ボタンを押します。
また、新しいVersion11以降でしたら、取り込みタブの下にある▽ボタンを押し、形式から"MP3"を選びます。メイン画面に戻ったら、"音楽の取り込み"ボタンを押します。
取り込み状態の表示がライブラリーに取り込み済と表示されていれば、無事mp3ファイルに変換されています。

wma,mp4,wav,aac,3g2など他形式とmp3の変換

mp3の変換も、音楽CDやネット上から取得したデータなど、既にパソコンの中にwmaやwavなど、他のファイル形式で取り込まれている場合も多いと思います。
wma,mp4,wav,aac,3g2などの音楽CD以外の他ファイル形式をmp3に変換する場合は、Windows Media Playerでは処理できない場合が多いので、そのときは別のソフトウェアが必要になります。
オンラインでソフトウェアをダウンロードできるサイトにはmp3変換のフリーソフトもありますので、必要なファイル形式に対応した、自分が使いやすいソフトウェアを探してみてください。
また、Windows Vistaにはまだ対応していないmp3変換ソフトウェアもありますので注意が必要です。

Copyright © 2007 mp3変換|誰でも簡単CDからmp3に!